積水ハウス 失敗例

積水ハウスの失敗例を紹介

家というのは、一緒に一度の買い物、と言われます。そんな大事なマイホームですから、失敗をしたくない、と思うのが当たり前です。

 

 

とはいっても、やはり、失敗例というものは有ります。こういった失敗例を知った上で、そこから学び、自分のときにはそれを再発させない様にしたいものです。

 

 

 

ハウジングメーカーにおける失敗例というのは、大手であっても、地方であっても、色々です。ただ、その中で、やはりハウジングメーカーごとの傾向というのは見えてくるものだといえます。

 

 

こういった中で、積水ハウスの失敗例として、口コミや一般的に聞かれるようなことから、エッセンスを集めてみたいと思います。

 

 

まずいえるのが、積水ハウスにして、値段が高かった、という声です。積水ハウスにして失敗した、という声の中で、最終的な価格が高かった、という後悔の声が多いというのが事実としてあるようです。

 

 

たしかに、積水ハウスの家は、基本的に高いと言われます。最初に見た見積りの単価の時点でも、坪単価として、50万円を超えるというのもざらでしょう。しかし、その後の施工の段階でいろいろと追加になり、最終的な単価が思っていた以上に高くなった、という事です。坪単価が、70万円を超えてしまった、というような失敗例も有ります。

 

 

また、色々な要望を伝えていたら、それに対するオプションプランがどんどん追加されてしまった、ということも失敗例として聞かれました。

 

 

ただ、こういった失敗を防ぐには、こちらからのリクエストばかりを伝えず、それに必要な施工やオプション、そしてそれに係る費用をきちんと確認するという事が必要です。

 

また、積水ハウスは、一般的に営業が強い、とか積極的と言われます。こういった積水ハウスの営業におされて、営業の提案を断れなかった、という声も聞かれます。

 

 

なので、積水ハウスにしなければよかった、という人もいますので、それはメーカーの選択自体が失敗だった、という声でもあります。でもこれは、一概に大手だから、とか、ブランド力のせいだから、高くされてしまった、ともいえず、その辺りの交渉をしっかりすることも必要だともいえるでしょう。

 

 

TOPページでは、無料でいろんなハウスメーカーの費用や間取りプランがもらえます。

 

 

他のメーカーともじっくり比較してくださいね。

 

 

積水ハウスの評判と口コミのTOPに戻る