積水ハウスの耐震と耐火

積水ハウスの耐震と耐火について

家を建てるときに、値段だけではなく、やはり安全性についても、気になってきます。火事を想定した耐火性というところだけではなく、地震を想定した耐震性というところも、心配になってきます。

 

 

この、耐火性、耐震性というのは、設計士がきちんと設計して、それに基づいて適切に現場監督がなされ、そして、それぞれの職人さんたちがしっかりと設計どおりに施行する、といった手順をしっかりとすればクリアできるように、法令が整っているのです。

 

 

積水ハウスの家は、基本的に高いと言われますが、それに見合った耐火性、耐震性があれば、それは価格に反映されても理解できる、という点になってくるでしょう。

 

 

積水ハウスの高い価格についてそれは、大手だから、とか、ブランド力のせいだというふうに評する見方もありますが、実際には、そうともいえないのではないでしょうか。

 

 

実際、積水ハウスをはじめとするハウスメーカーの価格というのは、性能を上げる、そのために研究費開発費をかけている、というところや、耐震性をあげる、そのために耐震実験をくりかえしている、というような、ぱっとは見えないけれど必要なコスト、というところも挙げられるのではないか、と思います。

 

 

 

こういった中で、積水ハウスの耐震性や耐火性についてみていきたいのですが、そもそも、耐火性、耐震性というのは、きちんとした建築士の設計であれば、備わっているものになります。

 

 

ただ、こういったなかで耐火性、耐震性について、ハウジングメーカーで違いでるのは、その施工管理というところにあるといえるでしょう。

 

 

特にプレハブ系などは、ハウジングメーカーを選択する際には、きちんとした品質管理体制ができているところを、選ぶことが、耐火性、耐震性の点でも大事なのです。

 

こういった中で、積水ハウスにおいては、品質管理体制といった面でも、評価されているといってよいでしょう。

 

 

また、建材といった点においての工業的みても、強度や品質を保証しています。これも、積水ハウスの耐震性、耐火性を信じてよい理由となるのではないでしょうか。
価格やデザインというのも大事ですが、こういった耐火性、耐震性というところも、合わせてきちんと検討していきたいところです。

 

 

TOPページでは、無料でいろんなハウスメーカーの費用や間取りプランがもらえます。

 

 

他のメーカーともじっくり比較してくださいね。

 

 

積水ハウスの評判と口コミのTOPに戻る

完全無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。
クリック↓